少し前に

少し前に、インフルエンザになってしまって病院に診てもらいに行きました。

何日くらい潜伏期間があるものなのか明確ではないのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があってうつったのだろうと考えています。

高い熱が3日続いていて大変な思いをしました。

高熱が出続けるインフルエンザは、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。

赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、最も大変なことにすすんでいきます。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも可能性が有るでしょう。

インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを連れださない方が正しいかもしれません。

どんな乳酸菌を選べばいいかと言えば、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試してみることが良いでしょう。

最近は、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、乳酸菌サプリというものも売られています。

私は腸まで届くような乳酸菌飲料を初めて試してみたとき、次の日、トイレから出られなくなったので、休日前に試すといいでしょう。

実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として関心を持たれています。

オリゴ糖を投与された乳酸菌の動きが活発になり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、内臓環境を整調してくれます。

ですので、乳酸菌とオリゴ糖はいずれも腸の機能改善や健康増進には非常に重要な成分であります。

乳酸菌を過剰に摂取したとしても特に副作用はありません。

ただそうではありますが、身体に良いにしてもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、ことがあります。

体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、ある程度の範囲内に限っておくと安全でしょう。

ベストな乳酸菌の摂取時間ですが、実は決められてないのです。

商品パッケージには適量と回数が、書かれていますから、それを基準にして下さい。

1日分を一度に全部摂取するのと比較した時、何回かに分けた方が効果があるやり方です。

乳酸菌サプリメントと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。

子供の頃から存在していたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、いつだって私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはやはりビオフェルミンなのです。

私がなぜ便秘になったかというと、運動不足のせいなのでしょう。

毎日の通勤手段も車なので、歩く事もめったにありません。

ペットを飼っているわけもでないので、散歩にもなかなか行きません。

そのような生活のせいで、私は便秘なのでしょう。

便秘改善のためにも、ジョギングを今日から始めようと思います。

子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射をしています。

予防接種が完了した後は怖かったーと話していました。

もっと怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も語れませんでした。

昔から、乳酸菌には色々な健康作用がありますが、特に整腸作用に効き目があるというふうにいわれています。

内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸内が活発になり体内に溜まっていた便が排出されやすいのです。

その為、便秘や下痢が緩和されます。

乳酸菌を日々飲むことで整腸効果が高まります。

アトピー性皮膚炎の治療に使われる医薬品は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。

言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下で正しく使用するということが肝要です。

仮に、違う治療方法や薬を試したい時には、医師の指導を受けるか、セカンドオピニオンを役立てるといいでしょう。

自分の考えだけで判断することは好ましくありません。

大便が出なくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭が発生します。

いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、口臭は腸から胃を通過して不要なものを出そうとし、口の臭いになってしまうのです。

この時、便通が改善されると、口の臭いも同時に改善されると言われています。

実際、便秘になっても、薬を飲めばいとも簡単に、解決できると思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、食生活を見直してみてください。

特に食物繊維を豊富に含んだ食品を摂取することがよくって、不溶性水溶性、両方の食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。

野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。

私は花粉症になってしまってから、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。

一昨年から花粉症を発症してしまって、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

でも薬を利用するのはしたくなかったので、テレビにて紹介していた乳酸菌ドリンクを試用しました。

今は、これで花粉症の症状が軽くなっています。

子供のインフルエンザを防ぐための注射につれて行きました。

私は怖くて目をつぶるのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめてうたれています。

注射が終了した後は怖かったーとつぶやしていました。

見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も伝えれませんでした。

実は、最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということが知られてきました。

インフルエンザに関してはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力が上がって、インフルエンザの予防となったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。

一般的に便秘に効く食物は、乳酸菌が含まれた、発酵食物などであります。

ひどい便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態に落ち着いています。

少しでも早く、この状態を解放して、うんちを出やすくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。

アトピーになると非常にきびしい症状になります。

暑かろうが寒かろうが一年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。

夏場の汗はかゆみを増大し、冬は乾燥でかゆみが増大します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、誤って摂取してしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザといった病気に感染し、熱が出た後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状を起こしてしまうのがインフルエンザ脳症というものです。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、治癒した後に後遺症が残ってしまうこともありうるのです。

インフルエンザに感染したことがわかると学校などへの出席が5日間禁止になります。

インフルエンザに感染したとしても、発熱は数日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。

たとえ熱が下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。

ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染予防には必要なことです。

詳しくはこちらを参照してください