ヤクルトしかありません

この前、インフルエンザになってクリニックに行きました。

潜伏期間は何日くらいあるのかわからないままなのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染したのだろうなと考えられます。

3日間発熱し続け苦しい思いをしました。

高熱が出続けるインフルエンザは、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。

アトピーだと大変に我慢できない症状になります。

暑い寒いを問わず1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。

夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬場は乾燥のせいで痒みが増します。

そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに食べてしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、酷い時には呼吸困難になる恐れもあります。

よくある乳製品以外でも、乳酸菌入りの食品があると知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。

調べて見たら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類全般のことなのだそうです。

みなさんはこの事を知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、生まれて初めて知った事実です。

アトピーの治療に用いられる薬は、年々高い効能になっています。

もちろん、必ず医師の指示の下できちんと使用するということが大事です。

仮に、違う治療方法や薬を試したい時には、医師の指導を受けるか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。

自分本位の判断は良い結果につながりません。

乳酸菌と言って思いつくのはカルピスかもしれません。

小さかったころから、よく、飲ませてもらってました。

それは乳酸菌があるからです。

お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。

なので、私は便秘知らずです。

カルピスを飲んでいたためにとても身体が丈夫になりました。

主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザといった病気に感染し、高熱が出た後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状の現われるものがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、治った後に後遺症の残ることもありうるのです。

ここ最近は年ごとに冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。

年々予防注射をする人数も増えてきているようですが、都市部ではかなりの人数がインフルエンザになっています。

いくつも感染経路は可能性がありますが、電車や街中、仕事場など、大人数と接触する時に感染しているのではないでしょうか。

夜更けに高熱が出て、約40℃に上がって健康を害したので、病院にかかりました。

結果、インフルエンザの検査が受けられますよとおっしゃいました。

私も、もしかして、インフルエンザだったら、それにあったお薬を頂けるので、チェックしたいと希望しました。

オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分として関心を持たれています。

実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の働きが強くなり、内臓、悪玉菌が増えるのを阻害し、腸内の状態を整えてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の働き向上や健康促進には欠かしてはならない重要な成分だと主張することができます。

乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルトしかありません。

昔、白血病になり闘病経験がある渡辺謙さんのCMでも有名です。

見事に白血病を克服し、ハリウッドで大活躍の渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、大きな効果が期待できそうなような気がします。

夜更けに高熱が出て、約40℃に上がって健康状態が悪かったので、病院にかかりました。

結果、インフルエンザの検査が受けられますよと教えてくれました。

私も、残念ながら、インフルエンザだったら、効果のあるお薬を処方してもらえるので、チェックしたいと願いました。

私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、かなり痛ましい姿でした。

ありったけの方法を試してみても、効果が出なかったばかりか、住む場所を変えたところ、信じられないくらい肌がキレイになり、我慢できない痒みもなくなりました。

スパッと環境を変えてみるのも、アトピーに効くかもしれません。

どんな乳酸菌を選べばいいかと言えば、とりあえずは、これ!と思う乳酸菌の商品を試用してみると良いでしょう。

このごろは、変な味のし内、乳酸菌ドリンクもあるほか、乳酸菌サプリも販売されています。

腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を試したとき、あくる日は、便所から出られなくなったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。

実際、便秘になっても、薬を飲むことで簡単に、解決することができるとは思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。

特に食物繊維を多く含む食品を摂取すると効果的で、不溶性、水溶性の2つの食物繊維をあわせて摂るのが大切です。

野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。

オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として関心を持たれています。

事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の活動は活発になり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、内臓環境を整調してくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方ともお腹の機能増進や健康の維持には欠かしてはならない重要な成分です。

乳酸菌を体内にに入れると様々な良い結果がもたらされます。

例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内の環境を良くします。

結果、免疫力が上がり、より多くの健康的な効果がもたらされます。

例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、感染症を予防する働きかけがあります。

乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いとされているのです。

私は花粉症になってしまってから、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。

二年前から花粉症を発症し、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。

薬を服用するのはしたくなかったので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌飲料を試用してみました。

今のところは、これで花粉症の症状が軽くなっています。

娘のインフルエンザの予防注射に受診しました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見てうたれています。

予防接種が完了した後は怖かったーと口にしていました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も語れませんでした。

アトピーに良い作用の化粧水を使用してします。

友人からすすめられた化粧水は、私の悪化したアトピーを思いのほかキレイに治してくれたのです。

毎日鏡を覗くのが、楽しみで仕方なくなりました。

触る度に素肌がスベスベになったことを実感しています。

最近、アトピーは乳酸菌の働きによって改善できる可能性があります。

腸内にアレルギーを起こす原因物質が進入してしまうと、IgEという抗体が生まれます。

しかしながら、このIgEという抗体が多くの数発生してしまうと、過剰反応となり、アレルギーを起こす結果になるのです。

これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。

興味のある人はこちらへ